OMG! Best Song Ever

好 き な も の は 好 き と 言 え る 気 持 ち 抱 き し め て た い

The 30 Best Albums of 2016

f:id:ookkbb:20161220205234j:plain

The 30 Best Albums of 2016

2016年の本当に良かった作品30枚

 

30. The Avalanches; wildflower
f:id:ookkbb:20161220210401j:plain 
 
29. Plastic Flowers; heavenly
f:id:ookkbb:20160630192946j:plain

 
28. inc. no world; as light as light

f:id:ookkbb:20161220212333j:plain

 

 

 

27. Empire of the Sun; two vines

f:id:ookkbb:20160803110659j:plain 

 
26. Myzica; love & desire

f:id:ookkbb:20161220213132j:plain

 
25.  M83; junk

f:id:ookkbb:20160630191541j:plain

 
24. Vulfpeck; the beautiful game

f:id:ookkbb:20161220230844j:plain

 
23. CFCF; on vacation

f:id:ookkbb:20160630185219j:plain

 
22. Yumi Zouma; yoncalla

f:id:ookkbb:20160630195420j:plain

 

 

21. How To Dress Well; care

f:id:ookkbb:20161220231401p:plain

  

20.  Blood Orange; freetown sound

f:id:ookkbb:20160630184947j:plain

 
19. OKAZAKI, Taiiku/岡崎体育; basin techno

f:id:ookkbb:20160630192729j:plain

 

 

18. Shou; super cute music for sweet idol

f:id:ookkbb:20160630193203j:plain

 

17. P.SUS; futari

f:id:ookkbb:20160630192839j:plain

 
16. OKAMURA, Yasuyuki/岡村靖幸; 幸福

f:id:ookkbb:20160630192436j:plain

 
15. Sean Nicholas Savage; magnificent fist

f:id:ookkbb:20161222211309j:plain

 

14. The 1975 ; i like it when you sleep for you are so beautiful yet so unaware of it

f:id:ookkbb:20160630195028j:plain

 
13. Stumbleine; echo chamber EP f:id:ookkbb:20160630194234j:plain
 
12. Wet; don't you 

f:id:ookkbb:20160630195316j:plain

 

11. Bruno Mars; 24K magic

f:id:ookkbb:20161222212601j:plain

 

 
10. The Jack Moves; selftitled

f:id:ookkbb:20160630191139j:plain

 

 

 
9. A Tribe Called Quest; we got it from here… thank you 4 your service 

f:id:ookkbb:20161222213507j:plain

 

 

 
8. Hammock; everything and nothing

f:id:ookkbb:20160630191005j:plain

 

7. Jessy Lanza; oh no

f:id:ookkbb:20161222214257j:plain

 
6. The Explorers Club; together

f:id:ookkbb:20160630185423j:plain

 
5.  相対性理論; 天声ジングル

f:id:ookkbb:20160328221018j:plain

 

 

 
4. I Don't Like Mondays. ; fashion

f:id:ookkbb:20161222215717j:plain

 

 

 
3. Southern Shores; loja

f:id:ookkbb:20161222220257j:plain

 
2. V.A; moe bass vol.1

f:id:ookkbb:20160630195036j:plain

 

 

1. Ice Choir; designs in rhythm

f:id:ookkbb:20161222220831j:plain 

 

 

思えば4年前、前作'afar'について僕はこう評していた。

[Best Album 2012] 5. Ice Choir - afar ≫あるいは、これこそが現代のスウィート・ソウルなのかもしれない。今より10年後の世間の評価の方が正しい大傑作。 #albumsof2012

— (´౿`) σ κ β (@ooooKbbbb) 2012年12月6日

 いまとなってその予感は確信へと変わるわけだが、Ice Choirの音楽に僕らが真摯に向き合わなければならない時は想像よりもはるかに早く訪れた。

完全に「(ロック)バンド」が、そのアイデンティティを喪失した、現代のR&B全盛の音楽シーンにおいて、それでもなおポップとは何かを問い続けたカート・フェルドマンが奏でる渾身のスウィートソウルミュージックは、やはり、ジャケットに描かれたBOSSのカフェオレのように甘く、甘く、そしてほんの少しだけ苦い。

 

Let's Musicと鳴り始まり、満遍なく80年代サウンドを参照し尽くした本作だが、それらすべての瞬間はラストを飾る'The Garden of Verse'たった一曲のためにあると言っても過言ではない。

 

この、ひたすら美しいメロディが散文詩に乗せられて漂い続ける至福の数分間。

We could never run from you... と優しく語りながらも、しかし、その音が鳴り止んだ瞬間、我々は短い幸せな夢から醒める。

かけがえのない大切な何かと一緒に。

 

 

 

 

おまけ

2016年のベストトラック

 

おわり。

 

 

広告を非表示にする