OMG! Best Song Ever

好 き な も の は 好 き と 言 え る 気 持 ち 抱 き し め て た い

Best 40 Albums of 2017

f:id:ookkbb:20171219211935j:plain

Best 40 Albums of 2017

2017年の本当に良かった音楽のまとめ(最高の40枚)

 

 

40. Blue Hawaii, tenderness

f:id:ookkbb:20171219212627j:plain

Rasmus Faber "Ever After"の斜光すらもかすかに覗かれる、そのブリージンなメロディーをインディーダンス的画角で見事に切り取った"No One Like You"の素晴らしさ。

  

 39. Broken Social Scene, hug of thunder

f:id:ookkbb:20171219221957j:plain

 約1分間の厳かなオープニング曲が終わり"Halfway Home"で幕を開けるその1秒目、1音目から溢れ出るエモーション。その使命感とも焦燥感ともとれるテンションを、決して達観することなく、正直に最後まで鳴らし続けている。堂々たる帰還に祝杯を。

  

38. Exit Someone, dry your eyes EP

f:id:ookkbb:20171219233820j:plain

夫婦デュオによる、最もプリミティヴな正真正銘の箱庭ポップ。ウェッティなギターと絡み合うリズムマシンの無機質性、どこまでもコケティッシュなあれこれ、管楽器の洒脱。

 

37. Electric Guest, plural

f:id:ookkbb:20170501145447j:plain

もしかしたら今年一番「見落とされている」作品。5年というあまりに長い沈黙を経て届けられたセカンドアルバムで、彼らはデンジャーマウスの威を借りずとも堂々と(今作こそ本当の意味での)”モンド”でミニマルで奥行きのあるインディーダンスの「いま」を鳴らしてみせている。HAIMらとも共鳴しているのは必然でしかない。

 

36. Ducktails, jersey devil

f:id:ookkbb:20171220001102j:plain

Real Estateに別れを告げ、己の道を進むその覚悟が音の節々から垣間見える渾身のソロ作。あくまでもローファイ宅録サイケポップ風情を装いながらも、確かなソングライティング能力に支えられた極めて良質なポップアルバム。

 

35. The Sound of Arrows, stay free

f:id:ookkbb:20171220003129j:plain

前作で彼らが描き切ったファンタジアはもうない。ジャケットに表れているもの、それは紛れもなく「生」だ。曰く「窓を開けて外へ飛び出した」本作は、その言葉通り開放感に満ちている。そして Stay Free、その一言にすべての哀楽が詰まっている。

 

34. Simian Ghost, self-titled

f:id:ookkbb:20171220214239j:plain

北欧ポストロックを経由してPhoenixに出会った渾身のポップアルバムは、僕らの「こういうの聴きたかった」を存分に満たしてくれている。このアルバムにこそ我々は「Ti Amo』と言うべきなのだ。

 

33. Anna of the North, lovers

f:id:ookkbb:20171220212437j:plain

Annaが傍にモデルの仕事もしていることをあえて引き出すまでもなく、天は二物も三物も与えるものである。そんな我々のルサンチマンを知ってかしらずか、Anna of the Northという恋人デュオが鳴らすのは決してゆるふわシンセポップでもKawaiiでもなく、"Money""Always"に代表される美しき倦怠とシニカリズムだ。それは紛れもなくテン年代後半の世界のムードとシンクロしている。

 

32. Letting Up Despite Great Faults, alexander devotion

f:id:ookkbb:20170501154120j:plain

ネオシューゲイザー界隈における「裏切らない選抜」の彼ら。いつだってアイドル。

 

31. Destroyer, ken

f:id:ookkbb:20171220215541j:plain

Kaputtは一言で表すならば「洗練」だった。果たして本作は「予言」か「教条」か、あるいは「福音」か。その自身の風貌に違わぬ仙人のような境地へと達したポエティックな傑作。 

 

続きを読む
広告を非表示にする